天候、気温と太陽光発電の発電量

太陽光発電の発電量はさまざまな条件によって左右されます。
一般的にメーカーが発表している公称発電量は一定の条件のもとでの最大の数値です。
つまり一番いい数値がこの発電量になっているのです。
でも実際には各家庭の屋根の環境や状況によってその発電量はかなり変わってきてしまいます。
もちろん太陽光発電システムの性能やシステムの大きさなどの条件も絡み合ってきます。
影響を受ける代表的なものが太陽の光の日射量、そして太陽の光が射している日照時間、モジュールの温度など気象条件は発電量にたいへん大きな影響を与えます。
日射量とはそのまま太陽光の量のことです。この日射量が多いほど太陽光発電はたくさん発電することができます。
この日射量を十分得るためにモジュールには傾斜を付けます。
もし平たい屋根の場合には架台をつけて角度を作ります。
この角度は30度が最も適切だと言われています。
夏と冬とではこの入射角が違いますので発電量も変わってきます。
さらに日照時間も重要です。
太陽光発電は太陽光があたっているあいだだけ発電します。
つまり日射時間がながい方がその分発電量も増えるのです。
あまり暑くなく日の当たっている時間が長い季節は太陽光発電にとって最もいい環境と言えます。
さらにモジュールの温度も発電量に関わってきます。
太陽電池は温度が上がってくると発電量が少なくなってしまうのが一般的です。
たくさん日があたって暑いとその分発電量が増えそうなイメージですがその逆なのです。
つまり真夏の炎天下などでモジュールの温度が高くなってしまっている場合にはそれだけ発電量が減ってしまうのです。
モジュールにとってちょうど良い温度は25度前後と言われています。
このように様々な環境がモジュールの発電量に影響を与えてきます。
それを踏まえてどのくらいのは発電量が見込めるのかを見積もりしてもらうのが必要です。
設置の仕方やメーカー機種を選ぶことでこれら発電量の現象を最小限に食い止めることができます。

横浜 貸事務所
神奈川県に特化したオフィスの検索web。新着情報も毎日盛りだくさん。