入間市で中古住宅を購入しました。

By admin in 郊外で太陽光発電

私は今年50歳になります。
50歳までに自分の家を持ちたいと思って家内と一緒に、これまで貯金に励んできました。
昨年、その念願がかない入間市に中古住宅を購入しました。
中古住宅を選んだ訳は、中古の一戸建てを手に入れて、それにリフォームをして思い通りの自分の家を手に入れた方が安く済むと考えたからです。
その際、リフォーム業者から太陽光発電を設置してみてはどうかと言われました。
この地方は日照時間も優秀で、なお且つこの家の屋根の形状や方向が太陽光発電に適しているということでした。
それに余った電力は、電力会社に売電でき、今なら1kwの売電単価が42円なのだそうです、しかもその単価が10年間継続できるということでした。
しかも今なら埼玉県や入間市の補助金が使えるので、国の補助金も合わせると30万円弱が補助金で用意できると言われました。
残額はソーラーローンを利用したらいいのではないかと言われて、その気になりました。
今は太陽光発電を設置して良かったと思います。