日照光的には大丈夫な太陽光発電

By admin in こんなところにも太陽光発電

太陽光発電の設置に対しての判断で、どうしても外せないのが、太陽光発電の装置を設置する場所の、年間の日照光の量の問題です。
年間を通じて、雨の日が多い地区や曇りの日が多い地区は、どうしても、太陽光発電の活用が、難しいからです。
そのほかの問題としては、近くに山があって、日陰になるところや、設置する場所の南側に、高い建物が有ったりすると、これも、太陽光発電の妨げになってしまうます。
その点で考えると、川越市の太陽光発電は、無理な状況ではありません。
現に私の企業の関連の企業が、屋上に、太陽光発電を設置して活用しています。
この地区での太陽光発電は、四国や九州の地区の発電量と比較しますと、その発電量に多少の違いはありますが、全く設置に向いていない状況ではありません。
これはその設置場所の南側に、太陽光を遮るものがないといった状況での判断です。
このような地区においても、自然エネルギーの買い取り価格が上がった場合とか、太陽光設置の価格がもっと安くなったら、今よりかなり増える事が予想されます。