太陽光発電の発電量などの疑問点

太陽光発電の導入を考える方さまざまな疑問点を持っています。
設置費用はどのくらいかかるのか、どのくらいの電気を発電できるのか、
いくら位の費用がかかるのか、国からの補助金はどうなのか、停電したときや地震の時にも太陽光発電を使えるのか、余った電気は売れるのか、どのような機器が必要なのか、曇りの日や雨の日には発電しないのかなど多くの方が疑問に思う点があります。
疑問を持ったら全て取り付け業者などに質問して解消しておくのが納得のいく太陽光発電の取り付けの成功のポイントです。
特に曇りや雨の日にも発電するのかどうかは多くの方が感じる疑問です。
太陽の光には種類があって直接物に当たる直達日射というものがあります。
これは直射日光とも言います。
天気のいい晴れた日にはモジュールにこの直射日光が届きます。
また空気などで散乱してから物に当たる散乱日射があります。
これは曇りの日でも明るく感じる時など、この散乱日射が出ているためです。
この日射を合わせたものが全天日射量といいます。
太陽光発電は直達日射でも散乱日射でも発電することができます。
つまり晴れた日、明るい曇りの日には発電することができるのです。
でも日射量が少なくなると発電量はその分減少します。
晴れていても雲などが通過するときに影ができればその分発電量は減っていきます。
夜は日射が完全にないため発電は起こりません。
発電を妨げる原因は他にもあり影などがその大きなものです。
となりの建物の影や電信柱、樹木など屋根に影を落とすものがあった場合その分発電量は減ってしまいます。
しかも一部のモジュールの発電量が落ちると接続しているモジュール全体の発電量まで落ちてしまうという特徴があります。
ですから一日の中で影ができる部分があればそれだけ発電量に影響しますので注意が必要です。
また鳥の糞などの汚れもモジュールに影を作り発電量を妨げる原因となってしまいますので鳥がよらないようにする工夫も必要です。