日本一暑い街熊谷市で太陽光発電をつけよう

By admin in 暑い地域での太陽光発電

福島の原子力発電所の震災による事故の影響で関東地方では特に電力問題が深刻です。
全国的にも原子力発電所を運転停止していっており、
その影響で各電力会社は元気料金を値上げする方向に進んでいます。
電力会社が脱原発を実現するためには様々な問題が積算していますが、
個々人では太陽光発電を自宅に取り付ける取り組みが大切だと考えられます。
そんな中でも埼玉県の熊谷市は日本一暑い街として非常に有名です。
太陽光発電は自然エネルギーによる発電方法ですので、
熊谷市は当然他の街に比べ太陽光発電には『向いている』街と言えます。
太陽光発電システムを自宅に取り付けるメリットはいくつかあります。
まず、取り付け以降は電気代が当然タダになります。
また、発電はしたがご家庭で使わなかった電力は電力会社が買い取ってくれますので、収入にすることができます。
(これを余剰電力買取制度といいます。

太陽光発電システムは依然として初期費用がかなり高価です。
しかしながら、自分自身で節約することで余剰電力が増えますので、
取り付け後も自分自身の節電努力によって初期費用の回収時期を早めることができます。
現在のところ、太陽光発電システムには国から接地補助を受けることができます。
また、埼玉県や熊谷市からも補助金を受けることができます。
結果的には今なら3ヶ所から補助金を受けることができることになります。
特に熊谷市は暑い街です。
日照条件を考えても、太陽光発電システムを導入することにこれほど好条件の街は少ないです。
補助金に関しては、今後も補助金が続く補償はありませんので、
補助金のあるうちに太陽光発電設備の導入をすることをオススメします。
詳しくは熊谷市役所に専門の部署が設置されていますので、
そちらに問合わせてみるのが良いと思います。
特に補助を受け取る場合には補助対象になっていることがまず必須雨の条件ですので、それをよく確認の後、施工業者の選定や、太陽光発電のメーカー選びをするのが良いと思います。