日本一暑い都市熊谷では、太陽光発電システムがとても有名

By admin in 暑い地域での太陽光発電

東日本大震災以来、日本人全員が原子力発電に対して、懐疑をいだき、化石燃料をたいて電気を作る方法とか、あるいは太陽光を電気に変える太陽光発電システムに注目が集まっています。
元々、太陽光発電システムは都心部というよりは地方都市においてゆっくり広まっていってました。
地方都市の、スペース的に余裕のあるところで、でかい屋根に大きなソーラーパネルを載せて、太陽光の当たる面積を稼ぎ、その上で電気を作るというシステムでした。
東京よりは、浦和、埼玉の方が太陽光発電パネルをよく見かけるのは、そんなわけだからです。
太陽光パネルは、太陽が出ている間はしっかりと発電をします。
だから太陽の照射している時間が、長ければ長いほど多くの発電を行うことが実現します。
熊谷の通年の日照時間は2000時間をこえています。
かたや全国平均の日照時間は1880 時間なので、その差がなんと120 時間もあります。
気象庁の記録では、日本中のどの県よりも熊谷の快晴日数はほとんどの年において全国1 位となっています。
いいかえると、熊谷市は日照時間の長さの事からして、最も太陽光発電システムに適合した地区といえるでしょう。
そのような流れを受けて熊谷市では太陽光発電の普及が進んでいます。
ただ太陽光
発電システム自体は決して安物ではないので、工事自体を依頼する業者の品定め
をきちんとする必要があります
太陽光発電システムを設置するにあたりに、費用低減化を推進する方法として、価格比較をして選ぶことを強くお勧めします。
日本一暑いと言われた 熊谷市の住まいに太陽光発電を取り入れる際も、当然ながら価格比較は必要です。
業者により、見積もり内容は同じなのに値段に大きな差があることに気づきます。
又、太陽光発電システムを利用するメリットについてですが、オール電化で生活な大部分の電気を太陽光発電によってまかなえたり、月々どのくらいの電気を電力会社に売ることができるなどがあげられます。